読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさに今、Sunny

どんよりしたモノ吐き出せばきっと晴れるさ頭の中

【ガジェット】iPhone6SのケースをiPhone6時代から2年間使用したLIFEPROOFからEONFINEに交換してみた【レビュー】

iPhone6s用、防水、耐衝撃ケース

 

 

こちらの商品。

先月、アマゾンで特価セールやっていたので思わずポチってしまいました。2,000円ならまあちょっと失敗してもあきらめの付く範囲かと。

 

で、それまで使っていたのはiPhone6用として買ったライフプルーフ。防水、耐衝撃ケースとしてトップクラスのブランドです。かなりお高い。

 

 

 



2年くらい使って、酷使の結果ボロボロになっておりました。

で、折角なので比較もしながらレビューをしてみます。

 

 

まずは外箱です。なかなかガンバってますね。

f:id:masaniisan:20170429010851j:plain

 

裏面です。

アクティブなアウトドアライフが楽しめそうな感じですね。

2m耐衝撃、防水防塵、雪もOKとなると、できることはライフプルーフとほぼ変わらんですね。

f:id:masaniisan:20170429010857j:plain

 

開封の儀

都合により横向きになっちゃってますが、開封するとこんな感じでした。

本体表面には保護フィルムが貼ってありますが、浸水試験をするときにははがれてしまいます。

イヤホン接続用プラグも付属。ストラップ、iPhoneを拭くウエスもついています。

f:id:masaniisan:20170429010900j:plain

 

装着、浸水試験

何はともあれ浸水試験。ついていた警告の紙を実験台にしてみます。

f:id:masaniisan:20170429010905j:plain

 

結果、浸水はありませんでした。

 

構造

さて構造についてですが、裏面にくるのは透明のプラ樹脂製のパーツになります。

この写真では左側のパーツですね。

f:id:masaniisan:20170526222211j:image

ライフプルーフが黒くてやや柔らかい樹脂だったのに比べると、ソリッドな感じで個人的には好感が持てます。ライフプルーフはだんだん伸びてきて、前面とピッタリフィットしなくなってしまったためです。

 

ダルダルのライフプルーフ。どうやっても閉まらなくなったスキマがおわかりだろうか。

f:id:masaniisan:20170526221948j:image

f:id:masaniisan:20170526222005j:image

 

ただし本品はハメコミの際には気を付けないと、固い分パキっと亀裂が入りそうな気もします。あと、紫外線とかで経年劣化が激しいかもしれませんね。

 

前面にくるパーツは、画面部分はペラペラの透明プラ板みたいなものですが、フレームは白色の硬質な樹脂がメインで構成され、フチにグレーのやや柔らかめの樹脂をコーティングしています。

f:id:masaniisan:20170429010912j:plain

裏側の透明パーツ、よく見るとわかりますが、透明樹脂のフチは二重になっていて、表面の白色樹脂のフチを受け止める形になりますが、その一番奥というか下にグレーのシリコン?のリングが見えています。これで最終的な防水性能を担保します。

 

こちらはライフプルーフ

シリコンゴムが伸び伸びで、ハメようとすると「びよん」と外れてイライラ。まあ、何回も着け外しするもんじゃないから、通常の使用ではここまでダルダルにはならないと思うけど。

f:id:masaniisan:20170526222416j:image

裏蓋。ここの外周の溝にシリコンのゴムリングみたいなものがハマるのだが、溝が浅いせいでビヨンビヨン踊られてしまう。もうちょい深くせえよ。

f:id:masaniisan:20170526223438j:image

 

 

音量ボタン、サイレントスイッチ

さて前面の内側です。

f:id:masaniisan:20170526223050j:image

音量ボタンなどの部分はフレームに穴をあけ、グレーの樹脂で貫通させ、突起で押すようになっています。このため、押した感触は正直悪いです。ライフプルーフよりさらにきちんと押し込まないと反応してくれません。また、つけた当初は固いのかうまく作動しないこともありますが、何回か押しているとだんだんなじんできちんと使えるようになりました。少し慣らしが必要かも。

 

また、サイレントスイッチ(マナーモード切り替え)は、捻るパーツになっており、裏面のツメがiPhone本体のスイッチの突起を挟み込んで動く仕組みです。回転しそうですが回転しません。これも、きちんとツメの間にはめないとうまく動きませんので、裏蓋をつけるのは、前面をはめた段階で試してうまくいくのを確認してからにしましょう。

 

ただこれはライフプルーフだと前後にレバーを動かす形式だったんですが、よく本体のスイッチが外れてへんな状態でハマってしまい、操作できなくなったり硬くなったりしていたので、それよりよさそうです。耐久性も本品の方が優れると思います。

 

ライフプルーフ

f:id:masaniisan:20170526222816j:image

サイレントスイッチや音量ボタンなどの反応が悪いとツメを立てて操作したくなるが、それをやると外側がポロポロ崩壊してしまった。

黒い部分が少なく、グレーのフレームが露出。

f:id:masaniisan:20170526224250j:image

 

スピーカー部分

スピーカー部分の処理が安っぽいというか、閉ざされちゃっているように見えます(下の写真だと右下側)このへんはライフプルーフのほうがいいかもしれませんね。スピーカーを使うとライフプルーフよりも少しくぐもって聞こえるような気がします。

本品

f:id:masaniisan:20170429010925j:plain

ライフプルーフ

f:id:masaniisan:20170526221730j:image

 

指紋認証も可能ですが、この部分はサランラップのような柔らかいフィルムになっています。耐久性は心もとないですが、これもライフプルーフと同水準ですね。ツメをたてたら破れちゃうでしょう。

 

ライフプルーフ。すでにフィルムは跡形もない。破れた時点で防水性能はナシ

f:id:masaniisan:20170526221524j:image

 

Lightningコード差込口

Ligitningコードの差込口は、シリコンの耳栓みたいなパーツがはまっており、きちんとはめておけば防水は大丈夫です。開け閉めの耐久性が気になるところですが(昔のケータイの充電コード差込口部分の蓋とか、びろーんって伸びたりしませんでした?)、構造としてはライフプルーフより優れていると考えます。

というのは、ライフプルーフではこの部分がヒンジの扉になっていて、しっかり閉まるのはいいけど、勝手に開いてしまわないようかなり固いので、開けるときに力を入れてツメを立てないとならず、その際に前面周辺のゴム部分が削れ、そこを起点にゴムが剥がれてボロボロになっていきましたので・・・。

 

本品

f:id:masaniisan:20170429010928j:plain

ライフプルーフ

f:id:masaniisan:20170526221327j:image

f:id:masaniisan:20170526221344j:image

このフラップがとにかく固く、力を入れた拍子に爪で外装の黒いゴムを傷つけてしまう。

 

ストラップホール

あと、本品はストラップを通す穴が一応あるんですが、ここはイマイチ。

とにかくここは使えたらもうけものという覚悟が必要です。きちんと貫通していないというか穴が狭まっているので、そのままストラップを通すのは不可能です。針とかでグリグリ穴を広げてからじゃないとムリですね。この辺はまあ精度が甘いというか、こんなもんでしょう。

 

総評

総じて、意外としっかりした商品だなという印象です。

耐久性はもう少し見てみないとわかりませんが、特に不具合がないようであれば、次に本体を変えたときには、ライフプルーフではなくコレの後継を買うかな。

値段が全然違う割には、プラのカタマリだし実用に支障なければコッチで十分。

【G.W.】夫婦と子ども3人連れで上海旅行<3日目・5月5日>【旅行記】

さて更新の間が空きました。

 

ホテルの朝食

ホテルのレストランからはお寺が見えます。

中国は儒教のイメージですがお寺もしっかりあるんですね。金ピカなのはタイなどの南伝仏教だからでしょうか。

f:id:masaniisan:20170518000421j:image

f:id:masaniisan:20170518000430j:image

朝食はブッフェですが、どれも美味しかった。

中華粥なんて普段なら食べないんですが食べてみたら絶品です。油物の多い中華料理ですが朝のお腹には優しく中華粥がオススメ。

ピータンあったので入れてみました。

f:id:masaniisan:20170518000443j:image

 麺やパンも一通りありいずれも美味でした。

 

上海動物園でパンダに会う

腹ごしらえを済ませたら地下鉄で動物園へ向かいます。

 

上海動物園駅です。

動物のイラストを描いてあって可愛いです。

f:id:masaniisan:20170518000459j:image

 

いよいよ入場 

 f:id:masaniisan:20170523221459j:image

義妹さんが出してくれたので忘れましたが、料金は結構高かった、はず。

話によると、子ども向けレジャーの値段は総じて高いそうです。

多分、もう撤廃されましたが一人っ子政策の影響で少子化が進み、そのぶん子ども1人にかけるお金が多くなり、また子育てにはお金がかかる社会になっているそうです。

 

 園内です

f:id:masaniisan:20170518000516j:image

植えてあるところもありましたが、ダイナミックにそのままお花を置いてます。確かに入れ替えはこのほうが楽かも。

f:id:masaniisan:20170518000527j:image

園内カートがデンジャラス

基本的に子連れでの旅行ゆえ、「観たいものを真っ先に観ること」が鉄則です。

前座を観ているうちに、飽きた疲れた眠いの三重奏が襲ってくるともう最悪なので。

よって、楽チンで効率的ということは正義なのです。だから高くても乗ります、園内カート。

f:id:masaniisan:20170518000540j:image

こんな感じで佇んでいますのでおっちゃんに料金支払います。どこへ連れて行かれるのかわからずまごついていると向こうから「パンダ?」と聞いてくれたので「パンダ!!」と返して金を払い乗り込みます。

忘れちゃったけど結構高かったです。

が、片道ではなく一日中使えるっぽいので、ガンガン使っても良いですし、最低限往復使えばまあ良いかなと。

 

この日はベビーカー持参で来ていたんですが、一番後ろの座席だけ後ろ向き座りになっていて、最後尾の手すりに針金を曲げたようなフックが付いていました。それにベビーカー引っ掛けて搭載します。落ちそうでヒヤヒヤします。

 f:id:masaniisan:20170523235818j:image

これ、乗っている状態。鉄柵は最後尾の手摺りです。横向きにフック一つでぶら下げられたベビーカー。

 

で、やっぱり運転は荒い、というか日本の感覚ではありえないスピードで園内を突っ走ります。

サイドがオープンなこのカートでこのスピードはちょっとしたスリルを味わえるアトラクションです。もちろん身の安全の保証はないので自己責任でしっかり手すりにつかまりましょう。

というか、歩行者(※来園者、すなわち客です)相手にクラクション鳴らしてますからね。

 

で、パンダゾーン近くで降ろされて少し行くと。

パンダが石化している?

f:id:masaniisan:20170523223218j:image

竹を配した雰囲気のあるコーナーを抜け、しばし進む。

f:id:masaniisan:20170518001222j:image

と、

パンダキター🐼!!

f:id:masaniisan:20170518000607j:image

さらにタケノコ?でモグモグタイム!!

f:id:masaniisan:20170518000618j:image

これ、現地はゴールデンウィークなど関係なく単なる平日だったこともあるのかもしれませんが、ゆっくりじっくり観られるんです。

上野動物園とかだと押し合いへし合いしながらチラッと見えたかな?という程度で進まざるを得なくなるようなイメージですが、贅沢に堪能できます。流石は本場。

 

小一時間くらいパンダのところに居たでしょうか、満喫したので戻ることにします。

帰りも園内カートに乗ります。

特に乗り場らしいものは特にないんですが少し歩くと降ろされたあたりにまたカートが来るのでチケット見せてゴーバックエントランスくらいのことを言えば多分大丈夫。

 

浦東(プードン)は摩天楼

さてお次は、また地下鉄で高層ビル街に向かいます。

奥の栓抜きが森ビル系列、その手前は仏塔モチーフらしいです。捻れているのがこの時点でブルジュハリファに次ぐ世界2位とのこと。

f:id:masaniisan:20170518000639j:image

なんか感覚狂ってきますね

f:id:masaniisan:20170518000650j:image

これらの反対側にあるのが東方明珠、上海タワーです。今回はこちらに登ります。

f:id:masaniisan:20170518000701j:image

と、その前に腹ごしらえ。

近くのショッピングモールへ。

f:id:masaniisan:20170518000713j:image

 

お子様はかき氷ですか。

f:id:masaniisan:20170518000723j:image

ていうかデカイ。

f:id:masaniisan:20170518000733j:image

焼き小籠包と普通の小籠包。

f:id:masaniisan:20170518000745j:image

チンゲンサイかな。

f:id:masaniisan:20170518000759j:image

そのほか色々食べました。

 

ここのフードコート、オサレなパン屋もあれば火鍋とか鉄板焼き、うどん屋まであるので、食べたいものを選ぶのにはそれほど困らないかと思います。

ただし旅行者にとってのハードルが2点。

  1. 決済はスマホアプリ前提
  2. トイレはワンフロア上を使うこと

まず支払いは基本的にスマホアプリです。現地にいる義妹さんが居たので良かったんですが、旅行者だとちょっと困るかと。銀行口座開設が前提になっちゃうんです。カードも使えそうな気はしますが自信ないです。

システムとしては注文後、アプリ起動して二次元バーコードを表示し、店のレジでスキャンして貰うと決済OKを求められるので確認する。

たったこれだけなので使えれば超便利ですが。

やっぱり現地口座前提はちょっと厳しい。

 

トイレの恐怖

さて、トイレですが。

ここへ来てついに当たってしまいました。

まあ外国に行って、トイレは基本的には日本と同レベルを期待してはいけません。そんなことはわかっている。

しかし、デパートっぽいところとか、外国人の富裕層が来そうなゾーンなら大丈夫だったので、ここもイケるかなと思って居たんですが、そういうところから見るとここはちょっと現地民寄りになるんですよね。

 

で、ここは地下鉄から直結なこともあるのか、階層が同じこのフロアのトイレはちょっと無しでしたね。

とりあえず8個くらいの個室の3つくらいは壊れて使用不可。昨日今日壊れたのでは無いのは、特に張り紙もなく、ドアは開いているけど便器がゴミ袋とガムテープで封鎖されて使えないことを示してあり、うっすら埃をかぶっていることから、しばらく放置モードということがわかります。

で、禁煙って書いてあるのに、従業員がその壊れた個室を喫煙所として使っている。

使える個室にはことごとく便座が無く(最初から無いのではなくもぎ取られた模様)、残された靴跡から推測するに、土足で便器に乗って和式スタイルで使用することになります。そして個室内には紙が備え付けられて居なくて使用後の紙を捨てる箱が備えてあります。そういうところの紙は、トイレ入口付近にあるのを必要量取って個室に入るらしいデス。

ここではなくワンフロア上に行くと銀行とかが入ってるので、そこのトイレはまだまともに使用できました。ちゃんと便座あるし紙も個室ごとにありましたので。多分下の階は地元民向けなんでしょうな。

いわゆるニーハオトイレでこそなかったですが、破壊され具合と、それをそのまま放置気味なのがちょっと理解しかねる部分でした。公共物への感覚が違うんだろうか。

 

上海タワー

さて気を取り直して上海タワーに挑みます。

f:id:masaniisan:20170518000806j:image

イカれた外観ですな

 

チケット売り場で券を買い、セキュリティを抜けると広場になっています。タワーの麓には石造りのミニ滑り台があり、しばし子どもたちを遊ばせます。

で、入り口から入るとまたセキュリティ。

ちょっと多くね?

セキュリティ抜けると鉄柵でグルグルの迷路になっています。まあ、前も書きましたが基本的に並ぶ習慣がないのでこうでもしないとカオスになっちゃうんでしょう。

鉄柵を抜けるとこんな空間に。ここの淵から入って来て、淵沿いをぐるっと歩かされます。しばらく歩いてようやく中央部のエレベーターに向かうことができます。下はお店が入っているようですが、そのレベルに降りるのは帰り道になります。

f:id:masaniisan:20170518000829j:image

正面左の入り口からエレベーターに乗ります。真ん中に見える透明のチューブは帰りのエレベーターです。

f:id:masaniisan:20170518000840j:image

んで着いたとこ。

263m地点

f:id:masaniisan:20170518000854j:image

やや曇ってて微妙ですが

f:id:masaniisan:20170518000902j:image

やっぱり高いビル御三家は格が違う

f:id:masaniisan:20170518000913j:image

ここからでも十分高いんですけどね

f:id:masaniisan:20170518000921j:image

お土産店のほか、さらに上に上がるエレベーターもあり、また一階下に階段で降りることができます。で、結論から言うと先に上に上がったほうがスムーズです。我々は先に下に降りちゃったんですが。

 

そちらにはガラス床ゾーンを味わうことができますよ!

259m地点

f:id:masaniisan:20170518000938j:image

中華製強化ガラスに命を委ねるのがどうしても怖くてフレーム部分に足を置いてしまいました。

 

で、さらに上に上がるのは別料金なのですが、折角なのでそこまで買ってあります。

エレベーター狭くて混むので多少待ちます。

エレベーター内では天井に映像が映され、エレベーターの動きに合わせた映像が流れるんですが途中からなぜか宇宙空間に打ち上げられてしまいます。

 

で、エレベーター降りたら階段でワンフロア上がるんですが、上がるとコレ。

f:id:masaniisan:20170518000952j:image

宇宙開発のイメージなんですねきっと。

タワーもロケットっぽく見えなくもない。

 

でも宇宙服はクオリティもうちょい頑張って欲しかったかも。作業着にしか見えん。

f:id:masaniisan:20170518001003j:image

 

宇宙船のイメージなんでしょうかね。

351m地点

f:id:masaniisan:20170518001025j:image

エレベーターのフロアに戻ります。

ダースベイダーとか帝国兵ストームトゥルーパーが出て来そうです。

f:id:masaniisan:20170518001040j:image

この画面はタッチすると反応して色々いじることができます。

f:id:masaniisan:20170518001048j:image

 

エレベーター降下するともとの球体にきますのでまたワンフロア降りて、下りエレベーターに乗ります。と言うことで完全に失敗ですね、ワンフロア降りるのは帰り道でいいです。

 

で、エレベーター着いたらまだ1階じゃないんです。料金高いぶんサービスするつもりなのかこの後も結構見るところがあると言うか見させられます。子連れの身としては子どもたちの体力面で完全に計算が狂った訳ですが。

 

 78m地点

こんなアートっぽいところを抜けると

f:id:masaniisan:20170518001054j:image

動く床に乗って、ドーナツ状の壁に映写される未来の上海的な映像。映像が動くのと、ゆっくり床も動くのでなんか本当にそのスピードで動いている感覚になります。4Dシアターよろしく雨のシーンでは霧まで出ます。

 f:id:masaniisan:20170518001105j:image

 

この後は科学技術のパネル展示のようなコーナーがあり、そこからまたエレベーターに乗るんですが、なぜか下に下がらず登らされます。

エレベーター降りたらなぜかゲーセンエリアになっていました。

95&98m地点です。

そんなんやってる余計な気力もないので階段を降りると、今度はローラーコースターが!

タワーの中を走るんですね!怖そう。

 

当然ローラーコースターには乗らずに、また下りのエレベーターに乗り込んで、ようやく冒頭の透明チューブから一番下のフロアまで戻ってこられました。

いやはや。

 

外に出るともう暗くなってましたね。

 

タワー前の広場の電飾看板

f:id:masaniisan:20170518001112j:image

近くのビル。保険会社らしい。

f:id:masaniisan:20170518001120j:image 

少し遠目に見えるビルは、壁面に動く映像が表示されていました。

f:id:masaniisan:20170518001127j:image

そして怪しく光る上海タワー。

f:id:masaniisan:20170518001137j:image

 

この日はまた義妹さん宅に。

 

紹興酒開けてもらっちゃいました。

居酒屋の安い紹興酒のイメージしかなかったんですが、こちらはまろやかで嫌味が全くなく、スイスイ行けちゃう。翌朝の帰路が早いのでほどほどにしましたが、調子にのるとぶっ潰れる危険なお酒ですね!

f:id:masaniisan:20170518001145j:image

食事はデリバリー頼んでもらいました。

飽きたんではと言われましたが全然!ということでまた小籠包など。

f:id:masaniisan:20170518001155j:image

 

翌朝は4時起きで、8:10発の飛行機で帰路につきました。

 

あっという間でしたが、子ども3人連れの割には盛りだくさんで色々観ることができて、大満足でした! 

【G.W.】夫婦と子ども3人連れで上海旅行<2日目・5月4日-その2>【旅行記】

上海旅行記

2日目・夜

前回はこちら

【G.W.】夫婦と子ども3人連れで上海旅行<2日目・5月4日>【旅行記】 - まさに今、Sunny

 

上海雑技団

さて、2日目夜の部です。

この日の締めくくりは上海雑技団の観劇。
夕飯の小籠包を食べた店と、リッツ・カールトンホテルの入っている上海商城という建物。

その中に小規模ながらホールがあるのです。


いやーもう凄かったです。


観る前は折角だし観ておくか、「まあこんなもんかな」程度の感想になるかな?と思ったんですけど、実際生で観ると凄いですね。


人間が目の前で生身でやってるんだというのがね。どれほどの修練を必要とするのか想像もつかない。

 

f:id:masaniisan:20170511223507j:image
少女たちが太鼓を足で回してみたり

 

f:id:masaniisan:20170511223526j:image

人の上で太鼓を回す

f:id:masaniisan:20170511223541j:image

太鼓、人、太鼓、人、人、皿とか

 

f:id:masaniisan:20170511223555j:image

f:id:masaniisan:20170511223608j:image

ベンチというか椅子を積み重ねてその上に
片手倒立!

 

f:id:masaniisan:20170511223624j:image

さらに椅子を乗せその上に燭台を乗せて顎で倒立!

 

この他にも沢山あって挙げきれませんが、網に絡まる美女とか大きな甕を操る親方とか、紐で繋いだ日本の棒で大ゴマを回して自在に操る青年とか。吊り輪とかの要領で無理な体勢で空中に静止する男とか。マジシャンも出てきた。ほんともう色々。

 

でも、子どもたちが一番受けたのは、合間に挟まれる息抜き的なコメディタッチのコーナー。

いくつかあったけど、一番受けてたのはコックと支配人が出てくる。

コックがワゴンの上の皿を手で回して立たせ、箸でかき混ぜるようにさらに回転を加えて倒れないようにする。皿3枚回して、ふう、と息をついているコック。たったそれだけで終わるわけもなく、同じワゴンが一台追加。
その端まで行って、6枚全て倒れずに回し終わったと思ったら、最初に回した皿が倒れそうになっている。支配人がアー!みたいな声をあげて最初の1枚目を回せと指示。

慌ててコックがそっちに向かったと思ったらその隙にまたワゴン追加。ええー、みたいな顔をするコック。以下ループ。

単純なんだけどわかりやすく、ゲラゲラ笑ってました。

 

基本的には緊張感、緊迫感のあるものが多いのですが、そればかり続くと慣れてきて、飽きてしまいますし、疲れます。そこでちょっと力の抜けた笑いのコーナーで緊張を落として、また次から緊迫感のある演目をやるわけですね。


気づけばあっという間の1時間半とも言えるし、でも中身が濃かったので随分たっぷり見た感じもするし。

こういうものは事前知識はあまり要らなくて、頭カラッポにして観た方が良いでしょう。
言葉での説明は不要ですね。

f:id:masaniisan:20170511224923j:image

 

ホテル泊


観終わって、徒歩で近くのホテルに向かい、1泊。

次男坊、甥っ子、奥様、義妹さんとは離れて、長男と2人部屋。

 f:id:masaniisan:20170511224346j:image

 

f:id:masaniisan:20170511224357j:image

 

f:id:masaniisan:20170511224408j:image

部屋からの眺望。

f:id:masaniisan:20170511224417j:image

ファミマで買ったお菓子。かっぱえびせんもどきのメーカー名はOishi、オイシイ?

塩味ではなくて醬の風味かな?

 

昨日の記事にも載せた、長男と街歩きして得た成果。

f:id:masaniisan:20170511225004j:image

ピカチュウは、円盤が回転しながら下に降りるのを手首を使って回して遊ぶ。磁石を仕込んであるので鉄の輪から離れ落ちない。電池とLEDで回転しながら光る。25元くらいだったかな?

ドラえもんはポケットがスイッチになっていて、押すと目がルーレットのように切り替わる。20元。

キャラクターものはパチモンかと思いきやちゃんとライセンス品っぽい。

扇子は、日本の百均でも売ってそうだがまあいいかな。10元くらい。

f:id:masaniisan:20170511225932j:image

腕時計は一応機械式で、何か書いてあるけど実売は189元。帰国後にダイソーの工具を買ってサイズ調整した。

 

 

 

【G.W.】夫婦と子ども3人連れで上海旅行<2日目・5月4日>【旅行記】

上海旅行記2日目

 

午前の部:近所の散策


午前は生憎の空模様ですが小ぶりなので近所を散歩しました。 

川を橋の上からです

f:id:masaniisan:20170508230428j:image

反対側

f:id:masaniisan:20170508230440j:image

 

渡った先には科技館という博物館。

今回は入りませんでしたが、中央の球体が気になりますね。

f:id:masaniisan:20170508230456j:image

 

日本人向けマルシェなどに寄ってお買い物しました。日本のスーパーと変わらず食肉はパッキングされ、見慣れた野菜も並びます。現地のお菓子と日本のお菓子も。

日本産のものは、おそらく現地の方から見ると、馬鹿高いのだろうなと。

お菓子なども中国の国産品は10元未満、下手すれば5元切りますが、日本のものは20元以上とか普通にあってビビります。

 

午後の部:長男と2人で街歩き 

午後。
次男坊と甥っ子は眠くなったので、お昼寝させることにして、体力と暇を持て余しそうな長男と2人で街歩きしてみることに。
長男と地下鉄で移動します。

 

地下鉄の入り口側にあるバス乗り場

f:id:masaniisan:20170508230537j:image

入り口です。

f:id:masaniisan:20170508230547j:image

 

ちなみに、バス乗り場もそうですが、地下への降り口の手前にステンレスの鉄柵が見えますね。これ、ちょっと違和感無いでしょうか?

この意味は後々思い当たりました。

 

列を作って並ぶという文化

おそらく、このような柵がないと、一斉に人が殺到して危ないのだろうな、と。基本的に、並ぶという文化がないのですよ…。

これは後で路上のタクシー乗り場を見ても思いました。車道と歩道を分離する柵があり、途切れたところがタクシー乗り場なんですが、柵と平行にステンレスのパイプが、人が一列ギリギリ並べるだけの幅しか開けずに備え付けてありました。

これがないと割り込んでしまうんですが、さすがに1人ギリギリの幅だと大人しく並ぶようです。発想がもう競走馬のゲートとかと同じですね(^_^;)

 

また、この翌日訪問した上海タワー内部でも、ゲートを通った後に迷路のようにグルグルと柵がありました。

まあ、ぎっしり混雑するなら列を回すために折れ曲がるのはわかるけど、そこまで混んでないのに無駄に迂回させられるのには閉口しました。しかしそれがなければやっぱり割り込むんだろうな、と思うと仕方ないなと得心した次第。

 

上海地下鉄事情

さて地下鉄の話に戻ります。

保安検査

地下鉄に限らないんですが至る所で保安検査があります。観光施設とか人の集まる場所、テロの心配される場所ではたいてい有るんじゃないかと。

空港でやるアレと同じく、x線の透視装置のコンベアがあるので、荷物をそこに通し、自分は金属探知機ゲートもしくは係員の手持ちのもので検査されます。空港と違うのでパスポートは出さなくて大丈夫です。

また、必ず厳密にというわけでもないのか、混雑時など、わからなそうな顔をしていたら面倒なのかスルーしてもらえることもありました。

ただし、ちゃんと機械に荷物を通せと言われれば素直に指示に従いましょうね。

 

乗車券、券売機


電子化の進む中国らしく、一回乗車でも券売機でIC内蔵の紙カードが出ます。非接触式ですが、感度や反応は日本のやつの方が良いようで、しっかり当ててやる必要があります。カードは出るときには改札機の差込口に入れるので、そこで回収され再利用される模様。

 

券売機はタッチパネルで、行きたい路線→駅、の順でタッチすれば、必要な運賃が表示されるので、枚数を選択し金を入れるだけです。金額が分かっている場合は額面から指定して購入することもできます。

 

また、券の購入にはスマホアプリでの決済が可能となっている、というか、スマホ用の端末の割合が結構多いんです。ほぼ、スマホ前提の社会となりつつありますな。

しかしながら、外国人観光客はたいていこの決済手段を使えない(中国国内の銀行口座からの決済となるため、利用するには口座開設が必要)ため、現金購入用の券売機を選ぶ必要があります。

また、両替後で100元札という元の額面では最高額の紙幣しか持っていない身にはチト困ります。なぜなら券売機では高額紙幣は使えないから(°_°)

やむなくキオスク的なところか、あるいはたいていの駅の改札外側付近にはファミマがあるので、そこで何か買って崩すしかないですね。


また改札機のゲートは、テーマパークなどでよくあるバー3本が横向きに突き出たやつです。ICカードで認証が済んだら回せるようになるので、回転させながら進んで抜けるやつですね。

 

ダラダラ述べてきましたが、思ったのが、地下鉄の運賃凄く安いんです。日本が高すぎる、とも言えるかもしれません。
3元とか5元とか、距離で多少変わるようですが、レート通りで換算すると50円から80円と言ったところ。勝手な想像ですが、現地の人の感覚では100以上200円未満くらいに感じられる値段じゃないでしょうかね、多分。

 

 

f:id:masaniisan:20170508230631j:image
駅構内にある生搾りオレンジジュース自販機。
まあ中国じゃなくてもあると思いますけど、そこら中の駅にあるのが面白い。15元でした。
地下鉄運賃と比べると、いかに割高かはお分かりかと。美味いけど。

 

2号線に乗る

 f:id:masaniisan:20170509235335j:image

利用した駅は全てゲート完備。

 

虚空に浮かぶCM映像

また、利用した区間によっては、駅と駅の間で真っ暗な壁面にCM映像が浮かび上がるのを目にできるかもしれません。見え方としては大画面のディスプレイがいくつも連なっているように見えます。

おそらく、車両の移動速度が安定する区間の壁に、電光管を一定の間隔で多数並べて、シンクロ発光させることで車内からは映像のように見える、というものかと思います。

パチンコ屋の屋外電光看板で映像が動いて見える奴の逆バージョンで、見る側が高速で動いているので滑らかな映像に見えるということですね。

車両内にディスプレイをつけるのではなく、かなりの数と距離で電光管を並べるという発想が面白いなと。残念ながら写真撮り損ねたんですがね。

 

街歩き〜南京東路

さてようやく街歩きです。

地下鉄の行き先は南京東路駅。

 

駅から出たとこ

f:id:masaniisan:20170509235827j:image

ここから人民広場までは歩行者天国になっていて、高級ブランドやら特産品を取り揃えた店舗が立ち並び、整備されてとても綺麗な一帯。

ガイドブックにも上海一の目抜き通りと書いてあります。

 

とりあえず観光用の電動ミニ列車があるので適当に乗ってみました。1人5元。

f:id:masaniisan:20170509235927j:image

色んな車両タイプがあるようです。

結構スピード出します。

 

車窓から街並みを。

f:id:masaniisan:20170509235940j:image

 

人民広場駅の入り口手前が降り場所です。 

ここから元のところに戻る感じでぶらつくことにする。

降りたあたりのビル、高いです。

f:id:masaniisan:20170509235953j:image

 

こ、これは?

パンダm&m'sです。

f:id:masaniisan:20170509235957j:image

こんなショップがありましてね。まあ全然中国らしいものではないんですが楽しきゃいいんです。

f:id:masaniisan:20170510000009j:image

 

店内は甘い匂いが充満。キャラグッズたくさんありましたが結局買わず。

量り売りですね。

f:id:masaniisan:20170510000027j:image

 

さて色々お店はあるんですが、整備されたところだけ歩くよりも、ちょっと裏に入ってみたい。ホコ天を西から東に戻っていたので、左に、つまり北向きに曲がってみる。ドキドキ。

f:id:masaniisan:20170510000037j:image

ああ、昔ながらの中国の都市っぽい感じがしますね。びっしり停められたチャリンコとバイク。うかうかしていると後ろから高速で無音の電動バイクが来て轢かれそうになる。

あたりに軒を連ねるのは個人の専門店。

安くて美味い、のであろう食堂とか。

配管ダクトのカバーだけ大量に並んでる店とか、水道の蛇口だけ並んでる店とか。

ジャンク屋みたいなのも、携帯スマホ屋もあり。

マネキン専門店のショーウィンドウには普通のマネキンに混じって、怪しく光る銀ピカのマネキンが立つ。

店のおっちゃんおばちゃん達の、ちょっとうらぶれた雰囲気がまたなんとも言えない。

 

工事中のビル。なんと足場は竹製ですよ!

さすがと言うかなんと言うか。

f:id:masaniisan:20170510000047j:image

 

ちょろっと雰囲気を堪能したらまたメインのホコ天に戻ります。

f:id:masaniisan:20170510000102j:image

ステージもある広場

 

地下の土産物屋

店の写真は撮り損ねてしまったが、土産物みたいなことを書いている地下に降りる階段を見つけて入ってみる。地下って何か怖いけど、子供連れが無事に店から出てきているし、ホコ天に面しているし、そこら自由に警備員とか公安がいるので危ないこともそうはないだろう。

入ってみると色々なモノを売っていた。

ヒスイの腕輪やら安っぽい懐中時計やら、ライター、宝石、上海タワーのガラスオブジェやらに混じってドラえもんの人形とかがあった。

もう一箇所、同じような店で、店頭でミニオンズの着ぐるみが踊っている所にも入ってみた。

それぞれで多少、お土産を購入。

f:id:masaniisan:20170510234243j:image

 

休憩〜他の家族と合流

他の家族とは別の場所で合流することにし、2駅離れた南京西路駅に地下鉄で向かう。

長男、たくさん歩いて疲労が限界、もう寝そうになってる。

駅を出てすぐのカフェに飛び込む。スタバとかそれ系の所なので場所が空いていれば少し休ませられると判断した。空いているのでソファ席で横にならせて仮眠をとらせる。

f:id:masaniisan:20170510000114j:image

注文したのはアメリカンコーヒーとスイカジュース。ウォーターメロンジュース程度も通じない己の英語の発音を嘆きながらしばし休息。

これで53元はかなりお高いよね。でもそのぶん混まないし、欧米系の外国人と、中国人もMacBook開いて何かやってるような客層だった。 

 

頃合いを見て目的地に向かい、どうにか合流。

 

夕食は小籠包で 

f:id:masaniisan:20170510000134j:image

お店はリッツ・カールトンホテルの一角にある小籠包の名店。しかしながらこの後にも予定があり、慌ただしく食べて出ました(^_^;)

作っているのが見える。

 

f:id:masaniisan:20170510000142j:image

生姜が立ってる

 

f:id:masaniisan:20170510000153j:image

こっちは野菜蒸し餃子

 

f:id:masaniisan:20170510000200j:image

麺も注文。

 

f:id:masaniisan:20170510000209j:image

海老ワンタンスープ

 

f:id:masaniisan:20170510000215j:image

小籠包。初めて食べた長男は余程気に入ったのか空腹だったのか、バカ喰い。

 

f:id:masaniisan:20170510000230j:image

野菜中華まん

 

f:id:masaniisan:20170510000241j:image 

フカヒレ入り小籠包

 

いやほんと何食っても美味い。

ここの客層は欧米系の方がやや多い様子、ホテル自体の客層がそうなのだろう。お上品な店というか高級店と思われるので、店も綺麗でした。この後の予定と場所がほぼ同じということもあってのチョイスでしたが、さすがに味は確かでした。

 

長くなったのでこの後は別記事にします。

【G.W.】夫婦と子ども3人連れで上海旅行<1日目・5月3日>【旅行記】

上海旅行記1日目 

さて、なかなか旅行中に記事は書けないものですね。記憶が鮮明なウチに記録を兼ねて。

 

出発 

どうにか奥様の体調も回復してきたので、予定通り出発。朝食は車内で取ることにして高速で新千歳空港へ向かいます。

春秋航空

飛行機はいわゆるLCC春秋航空で、新千歳から直行便が1日一往復あります。13:55発。

チェックインは窓口での受付のみとなり(ネットでチェックイン不可)そこの混雑もすごいらしいので、かなり早めに受付する必要があるそうです。受付するカウンターが決まるのも他の大手に比べ遅い印象ですね。

しかし、初めて使ってみましたが、LCCなので狭いが安い!もし自分1人なら、多少高くてもネットでチェックインしてスマホで楽々搭乗するほうを選ぶかもしれませんが、家族5人でこの値段の前には、、、

 

とりあえず早めに到着し、ドラえもんのところで怪獣たちを放牧ししばし遊ばせます。

↓過去記事も参照

masaniisan.hatenablog.com

 


なお、機内サービスは全て有料なので、水などは保安検査をくぐり出国カウンターを出てから、搭乗直前に購入すると良いでしょう。
荷物は持ち込みの手荷物含め1人一個15キロまでで、超過すると料金がかかるそうです。

 

到着 

機内では子どもが多少ぐずったが、無事到着。上海の浦東空港は凄く広いので、着陸した後も降り口に行くまで国内の空港以上にかかったような気がします。

LCCなのでタラップ車で降りてバスかな?と思ったんですが行きは普通に空港に接続しました。

 f:id:masaniisan:20170509210805j:image

近代的で綺麗な空港。規模も物凄く大きいです。搭乗口の番号が、帰りは290番代だったので多分300くらいあるんじゃないかと。


しかしながら、床のカーペットにシワが多数寄っていたのが若干気になりました。つまり作るときは金をかけてもメンテはどうなのか?


なお、トイレは空港でしておいた方が良いらしいです。公共トイレは現代日本人の感覚では厳しい場所も多そうです。実際エライ目にあったので…

外国人が多く使う前提のところは比較的綺麗な印象です。

 

早速感じる中国の空気

飛行機を降りた瞬間に思ったんですが、入国カウンターに向かうところとかでも、日本なら順番に並ぶところですが、ガンガン追い抜かされます。こちとら子連れなんだけどね、、、

でも割り込みに対して、誰も文句は言いません。おそらく「早い奴は早く、遅い奴は遅く」という哲学なんじゃないかと思います。だから中国では「鈍臭いやつが悪い」んですよ、多分。いやはや。

 

入国審査を終えて義妹さん、甥っ子と合流。

 

現地sim調達

現地での連絡用に、スマホsimカードを調達。僕のiPhone6sは事前にsimロックの解除済みです。関係ないですがsimロックってヒムロックに似てますね。

 

sim売り場は入国審査後の荷物受取りに向かう途中にも、受け取った後の到着ロビーにもあります。今回は到着ロビーの方で、義妹さんがオーダーしてくれました。

購入時、パスポートと自分の顔を並べて写真を撮られます。犯罪防止といった目的でしょうか。

お姉さんがその場ですぐにsimを差し替え、アクティベートしてくれます。まさかその場でとは思わず、iPhoneにはカバーをしていたので、やや焦りました。


五分くらい待てと言われますが、通知のsmsが何通も来て、それでOKなようでした。難しい設定はいらないらしいです。

 

今回使用したのはチャイナユニコムのプリペイドsimで、中国国内仕様なので、GoogleやLINEの使用には支障が出ます。

ビジネスでgmailを使うという方などは、香港で売っているsimを日本国内でもamazonなどで買えるようですので、そちらをご検討ください。香港版は金盾というグレートファイアーウォールによる検閲がされない、らしいです。

 

空港を出発

手配してくれていたミニバンタクシーで、義妹さん宅に寄って荷物を置いて、食事の場所へ向かいます。

まあしかし運転荒いですね(^_^;)

これは、ちょっとレンタカーで運転というのは無理かと思います。

 

交通事情

中国は右側通行ですが、その他にもルールが異なる部分があります。

歩車分離式信号と思わせて、赤信号でも右折はOKだそうなので、うかうか横断歩道渡っていると車に轢かれます(´Д` )

また、車優先という感じで渡っていてもドンドン詰めて来ます。

 

最近、レンタサイクルが少し前に始まったらしいのですが、爆発的に流行し、いくつもの事業者が参入しているそうです。
カラフルな自転車がそこら中を走り周り、そこら中に止められています。色が違うのはそれぞれ運営が異なるそうです。

基本的にどれも電磁ロックで、スマホで認証して支払うとロック解除されるというものです。旅行者は決済手段がないため利用にはハードルが高そうですが現地の人が便利に使っています。
駐輪スタンドのようなものはないのか、その辺に放置されている印象。
特に登録も要らないらしく、個人の自転車より利便性は高いですね。


ちなみに点字ブロックだろうがお構いなしにバイクや自転車が停められています。
また、道路の右端には自転車とバイクの専用レーンがあります。電動バイクも普及しているそうですがほぼ無音で突っ込んで来るので要注意です。

1日目夕食

f:id:masaniisan:20170508230016j:image

初日は、こちらのホテル内のレストランに行きました。

ここで義妹さんの旦那さんとも合流。中国語も英語もイケる頼もしい男です!

 

f:id:masaniisan:20170508230033j:image

ホテル内には風水?のオブジェが。

 

f:id:masaniisan:20170509214454j:image

お店の入り口にはアヒル。

 

メニューをみながら適宜注文。

 

f:id:masaniisan:20170508230103j:image

野菜の塩炒め?あまり食べたことのない野菜ですが歯応えがあり美味しかったです。

 

f:id:masaniisan:20170508230113j:image

こちらは汁なしの麺。ジャンというのか調味料のペーストを混ぜて食べます。

 

f:id:masaniisan:20170508230126j:image

鶏肉とカシューナッツ炒めはメジャーですがこちらは鶏肉とクルミの炒め物。

 

f:id:masaniisan:20170508230134j:image

上海名物は上海蟹ですが、残念ながら旬ではないため今回は見送り。そのかわり、蟹味噌豆腐をオーダー。あっさりしつつ旨味もあって、脂っこいものの多い中華の中では毎日でも食べられる安心メニューでしょう。

 

さてメインの北京ダックを初体験。

f:id:masaniisan:20170508230225j:image

折角なので一羽丸ごと行きます。

職人が目の前まで来て切り分けてくれました(≧∇≦)

 

f:id:masaniisan:20170508230235j:image

奥のほうにある、蒸された皮で包んで食べます。白い粉は砂糖。

 

f:id:masaniisan:20170508230247j:image

網目のような模様ですね。これは極上の皮のみの部分。 

 

f:id:masaniisan:20170508230258j:image

皮の厚みがすごいです。 

 

f:id:masaniisan:20170508230321j:image

巻いて食べます。

 

f:id:masaniisan:20170508230343j:image

店内にはダックの陶器の像が。 

 

余った分は、ダーパオといえばタッパー的なものに入れてくれて、持ち帰ることができます。

 

いやーうまかった。

何を食べても。

やはり本場の味は最高ですね。

まあ厳密には北京で食べるべきかと思いますが本場中国であることは間違いないので、現地の味と言って差し支えないでしょう。

 

あとから調べてみるとチェーン店が東京にあるようです。

が、北京ダック1羽頼むとそれだけで1万くらい飛んじゃいます・・・

zenshutoku.com

 

今回は大人4人、子供2人くらいが食べて、甥っ子は持参したものメインで食べていたかと思いますが、瓶の青島ビール4本くらい頼んだでしょうか。それで1万ちょっとだったと聞いています。大変満足な晩餐でございました。

 

 

【観光】子ども3人連れて上海へ旅行に行きます【G.W】

今週のお題ゴールデンウィーク2017」

 

久しぶりに、今週のお題から。

ゴールデンウィークの後半にですが、奥様の妹が住む上海に、旅行に行く予定です。

乳児含め子ども3人を連れ、一家5人では初の海外。

波乱が予想されます・・・

 

事前準備その1

f:id:masaniisan:20170429010029j:plain

 

とりあえずパスポートを取りました。

いや、奥様が手続してくれました。

赤ちゃんでも写真がいるんですよね。でも5年間使えるんですよね。

5年後に同一人物ってわかるか・・・?

 

事前準備その2

飛行機の手配です。

これも奥様任せでした・・・スミマセン本当。

子どもも座席を使うと費用がばかにならんので、LCCで手配したそうです。

 

事前準備その3

通信手段の確保!!これ、結構重要ですよね。

ざっと調べたところによるといくつか方法があります。

1 国内キャリアで、海外対応のプランを使う

まあ、何にもせずそのまま持っていくと、データローミングといってデータ通信しだすことによってパケ死するらしいです。回避するためには、海外で使う場合のプランがあるようです。しかし、高いです。

2 海外で使えるスマホを用意して持っていく

端末をそのためにワザワザ買うのはちょっとどうかなと。レンタルでも高いし。

3 持っているスマホSIMフリー化し、海外でプリペイドSIMを入手。

これが自分は一番安く上がりそうです。

現地で買ってもいいし、義妹さんが用意しておいてくれるとも言ってくれているんですが、日本国内でもamazonで買えるようだし、どうしようかな?国内でアクティベートさせてから持って行ったほうが何かと便利そうだけど・・・

 

しかしながら現在、奥様がダウンしております。過労でしょうか・・・

【0歳から】4/23まで!外遊びしにくい雪解け時期には札幌芸術の森がオススメ!【おでかけ】

ずいぶん久しぶりの更新になりましたが、今回は札幌圏の子育て世代にオススメしたいお出かけスポットを紹介します。

0歳児からでも楽しめる!美味しいランチブッフェもある!

残念ながら、今週日曜までの開催です!

 

お出かけ先に困る時期

そろそろ雪も解けてきましたが、公園が水浸しだったりするので、完全に雪の影響がなくなるまでの時期は、正直お出かけ先に困るんですよね。
屋内施設はどこも混雑しているし、イオンのキッズパークみたいなところも過密状態で周りの子に怪我でもさせてしまいそう。フードコートも全然座れないとか。混んでいてイライラしてくるし良いことないですね。

 

そこで、是非オススメしたいのがこちら。場所がちょっと不便ですが、札幌市南区に、札幌芸術の森という文化芸術施設があります。

広大な森の中に美術館や野外彫刻、クラフト工房や野外コンサートのできる広場などを備えています。天気が良ければ散策しても実に気持ちの良いところです。

 

ここのクラフト館で今週末まで開催しているのがこちら。

0さいからのげいじゅつのもり

0さいからのげいじゅつのもり 木でっ粘土でっ 山あそび!海あそび! | 札幌芸術の森

 

同様のタイトルでここ数年、展覧会などのイベントを展開していますが、今回は遊べる要素が強いので、「芸術には興味ないわー」な親御さんでも無問題です! 

どうせ出かけるなら、ちょっと足を伸ばしてはいかがでしょうか。車アリなら是非オススメです。まあ駐車場代がかかりますが…。

 

イベントというより遊び場!

どんな感じか少しご紹介。

f:id:masaniisan:20170215200016j:image

これは階段のように板を組んであるところから、中に何か入っていてカラカラ音のする木のボールを転がして遊びます。

板が木琴になっていてコトコトいうので、小さい子は親が抱えてあげていますね。小学生くらいだと上段いっぱいに並べて一気に転がしてはまた拾いに行き、と一生懸命遊んでくれます。

f:id:masaniisan:20170215200028j:image

 横の方からでもできます。

 

世界の木馬も展示されています。自由に乗ることができますよ。

f:id:masaniisan:20170215200052j:image

 

雲から糸をとって山に引っ掛けていくコーナー。

f:id:masaniisan:20170215200102j:image

 

不思議な砂、キネティックサンドで遊べます。

f:id:masaniisan:20170215200113j:image

 

木の棒で満たされた「きぼうのプール」

f:id:masaniisan:20170215200243j:image

 f:id:masaniisan:20170418225027j:image

天井には海洋生物のモビールが。

f:id:masaniisan:20170215200257j:image

 

そして、たくさん遊んだら、センター2階のレストラン「畑のはる」へ。

f:id:masaniisan:20170418225025j:image

ブッフェ形式ですが、素朴かつ天然志向、野菜をふんだんに使った家庭的なメニューが多く、美味しいです。出来合いのものは殆ど無いんじゃないかな?
ボリュームが欲しければ鳥の唐揚げとかカレーもあるので、その辺で稼げます。
讃岐うどんもオススメです!僕は勝手にカレーうどんにして食べたりしてます。
デザートも結構あります。豆乳を使ったソフトクリームがイチオシです。まあ、豆乳の割合がどの程度かはわかりませんがまろやかで美味しいです。お汁粉もあるので、クリームぜんざいにもできちゃいます。
コーヒーもマシンが置いてあって飲み放題です!

また、こちらを使うと次回から使える無料駐車券をくれるので、リピーターには嬉しいですね。

 

というわけで今週末がラストです。

機会があれば是非。