読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさに今、Sunny

どんよりしたモノ吐き出せばきっと晴れるさ頭の中

【キャンプレポ】道民の森 一番川自然体験キャンプ場

キャンプ 遊び 子育て 生活 お出かけ
先々週は「道民の森 一番川自然体験キャンプ場」で今季初キャンプでした。

オートキャンプ場と隣接したフリーサイトで、管理棟は中間にあります。

↓これはバーベキュー炉も備えてある避難小屋
f:id:masaniisan:20160709162019j:image

金曜日に行ったのでガラガラ^_^;
f:id:masaniisan:20160709162036j:image
カップルとソロの方がそれぞれ1組で、ウチを含めて3組のみです。ただ、隣のオートキャンプ場のほうには何組かファミリーも居た様です。

これがウチのサイトです。
f:id:masaniisan:20160709162103j:image
テントは張るのが簡単と有名なモンベルのムーンライト7型です。やはりテントは楽々張れますねー。
f:id:masaniisan:20160709162123j:image
が、今季初キャンプだけあって、久々すぎてタープとの連結に手間取り、設営全体ではやや時間がかかっちゃいました。
タープの張り方が下手くそなのはご愛嬌。
キャンプスタイルはまだまだ模索中。キャンプギアについても気が向いたら書きます。

川遊び

ここは一番川という名がつくだけあり、すぐ横に渓流があって、気軽に水遊びできます。
f:id:masaniisan:20160709162309j:image
ただし親水広場ではないので、子どもを遊ばせるならちゃんと見てないと危険です。オートキャンプ場のほうは整備されているらしいので、小さい子はそちらがベターかも。
実際、小さな怪獣さんは足を取られて転んだ拍子に、流されかけましたΣ(゚д゚lll)

五右衛門風呂

昨年初めて訪れ、今回は2回目の訪問になりますが、ウチ的なここの目玉は何と言っても五右衛門風呂体験です。
f:id:masaniisan:20160709162447j:image
もちろん温泉ではありませんが、薪で風呂を沸かすという体験、滅多にできませんよね。
ってか薪割り自体、薪ストーブのあるお家でもなければすることはないですよね。
日ごろのスイッチ1つで風呂が沸く生活がいかに便利で楽で、でも生きるために必要なことを忘れかねないものなのかを教えてくれます。

え?面倒?
そう、七面倒くさいです。
でも、子どもたちはこれが大好き。
f:id:masaniisan:20160709162548j:image
キャンプそのものを、自然の中で生活することと捉えると、何が楽しいのか?

それは、年間何十泊もするハードキャンパーを除いたごく普通のファミリーキャンパーにとっては、日常から離れた特別感を味わうことだと思います。
そして五右衛門風呂は、面倒だからこそ、普段のお風呂と比べて、快適性では到底及ばないけれど、気持ち良さは遥かに勝り、日常と異なる特別な感じをたっぷり味わえるというわけです。
f:id:masaniisan:20160709162502j:image

ハエの多さがちょっと残念

というわけで。
とてもいいキャンプ場ですが、大量のハエが!!昨年はこんなことなかったんですが、時期の問題でしょうか。

ハエが、こんなにも、
うっとおしいものだとは( ̄◇ ̄;)
隙あらば視界にあるもの全てにハエが止まるというのはちょっと...

ササッと網でこれくらい採れます。ハエが。
f:id:masaniisan:20160709162808j:image

後で調べてみるとハエトラップを作って罠に誘引しちゃうという手もあるそうです。今度試してみようかな。でもトラップの中はおぞましいことになりそうですが。

ごはん

しまった、カレー撮り忘れた^^;
ウチはいつも飯盒でご飯を炊き、カレーを作ります。(奥様が)

焼肉は、まだ怪獣どもが肉食に覚醒しておらずそれほど食べないため、おまけ程度です。

ですが今回は、どうせなら美味しいのを食べたい!というオトナの欲望により、初の牛肉ステーキです!
f:id:masaniisan:20160709162913j:image

食後は焚き火でマシュマロを炙って、クラッカーとチョコで挟んでいただきます。
f:id:masaniisan:20160709163351j:image

翌日は雨の予報なので残念ながら1泊で撤収。
帰る頃には豪雨になっておりました。オートの方は当日到着して設営しているファミリーもありましたが、大変そうだったなあ。

つかの間でしたが、リフレッシュできました!