読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさに今、Sunny

どんよりしたモノ吐き出せばきっと晴れるさ頭の中

【おでかけ】ピクニックでカラスに襲われないためパパができること

子育て 生活 お出かけ

屋外での食事はカラスに狙われていると心得よ

お弁当でも持って公園でピクニック、いいですよね。また、屋台とか出店が出ているところも多いのではないでしょうか?

で、楽しく過ごすのはいいのですが、気をつけてください。特に、パパさんは自分の家族を頑張って守りましょう!

あなたのかわいい子どもが手に持ったフランクフルト、狙われてますよ!後ろを振り返ると木の上の方にいます。
とりあえず子どもをガードしてください。
あ、そうしている間にピクニックシートの上に置いたままのランチがやられそうです。

・・・という訳で、多くの人が休みのゴールデンウイークは、ある業種の人達にとっては稼ぎ時、書き入れ時な訳ですが、それはヤツらにとっても同じ。
あちこちでイベントが開かれ、そこかしこにニンゲンが集まっています。人間のお祭りはカラスにとってもパーティータイム。

大切な家族や折角のお弁当がカラスに襲われて残念な気分になる前に、できることをやりましょう。
襲われてからでは手遅れですので、襲われる前にどう予防するかが大切だと思います。
以下、対策を示します。

※個人的経験からの対策ですので絶対ではありません。また、個体差、地域差があるので、あくまでも僕の場合はこれでうまくいったというだけです。過信することなく、危険を感じたら無理せず撤退しましょう。
※実践にあたっては自己責任でお願いします。何かあっても当方は一切の責任は負いません。
※今回の記事は食べ物を狙った行動についての対策です。繁殖期に巣や雛を守ろうとして行ってくる攻撃とは異なります。そちらは本当に危険なため、巣に近寄らない、短く何度も鳴く声がしたらすぐに離れる、を徹底してください。


まずはこちら。

・荷物の対策

レジャーシートを敷いて荷物を置き遊びに行って、戻ってきたらお弁当が食い荒らされて持って行かれた、なんてパターン。
仮にこれを「置き引きスタイル」とします。

これへの対処は簡単で、
食べ物を見える状態で置いていかないことです。

これは当たり前ですが、油断しているとついやってしまいます。
食べ物は、置いていかずに手に持っていくのがいいですが、いつもそうは行かないですね。 

置いていくなら、
頑丈かつ持って行かれない重さのある入れ物に入れて密閉する
ようにしましょう。ハードタイプのクーラーボックスなら大丈夫でしょう。



より問題なのはこっち。

・何かを食べているときの対策

人に慣れているカラスは大胆ですね。
食べ物のカラスによる被害といえば、先述の、目を離したスキに食べ物をかっぱらう「置き引きスタイル(仮)」のイメージがあると思いますが、それどころかヤツらは手に持って食べている人間に対して攻撃を仕掛けてきます。「ひったくりスタイル」とでも命名しましょう。

攻撃と言っても危害を加えることが目的ではなく、あくまでもお目当は人間が持つ食べ物なのです。

そして、ヤツらはあなたの大切な家族を狙い撃ちにしてきます。しかし、「なんと卑劣な!妻や子どもを狙うなら俺を狙え!」と叫んだところで無駄です。別にあなたの家族に嫌がらせをして楽しいおでかけを台無しにしようとしている、というわけではありません。

カラス目線ではこう⇩見えている訳です。
ヨチヨチ歩きのニンゲンの幼体が手に何か持っている。あれはワタのような甘いヤツだな。
こっちではニンゲンの雌が肉を持ってる。
全くスキだらけで危機感のないヤツらだ。だがそのおかけでこっちはありがたくウマイものにありつけるってワケだ。ヤツら、ちょっと驚かせればすぐ食い物を落とすし、落としたものは取り返そうともしないからな。

という訳で、食べ物を持って歩く女子どもは、カラスにとって「格好のカモ」です。
何しろ、ちょっとビビらせれば、やたらと甘いお菓子とかハイカロリーなウマイメシにありつけるわけです。

なお、彼らは脂っこいもの大好きですし、甘いものも好きです。
ちなみに一度、地面に落ちたソフトクリームを食べているのを見て驚愕したことがあります。顔を横倒しにして、クチバシを地面につけてスプーンのように使って、すくい取ってました。
器用なものですねぇ。

さて、カラスはとても賢いので、そこにいる人間が成人男性なのか、女性か、子どもか、と言ったことはよく理解しています。
なので、襲われているのはほぼ女子か子どもだと思います。わざわざリスクを冒して大人の男を襲わなくても、簡単に獲物をゲットできるのですから。
これは裏を返せば、成人男性に対しては、多少なりとも恐いと感じる余地がある、ということです。

そこでパパの出番です!

カラスがひったくりを狙うときには、いきなり遠くから飛んできてそのまま襲う、ということはそれほどないはずです。
おそらく、近くの高いところに一旦陣取って、隙を窺ってきます。
これは彼らが生粋のハンターではなく、自然界では掃除屋が本職のためです。死期の迫った獲物のそばに何十羽も集まって様子を伺い、隙を狙って突っついて、というような構図と同じですね。
彼らとて自分より大きな生き物を襲うのは恐いはずなので、反撃されないことをしっかり見定めてから襲ってきます。

ということで、ここです。
対処はこの段階、近くの木に止まった時です!

妻は、子どもは、俺が守る!
クソカラスめブチ殺すぞ!
という気合いを前面に押し出して、
カラスに突進してください。
ついでに何か投げつけるフリをしてください。
モノは投げずともを叩きつけてやりましよう。
この、投げるフリは結構効くと思います。

すると、おそらく、少し離れた位置に飛び退いて、さらに様子を見ようとするはずです。
彼らとて簡単には諦められない、それほど人間の食べ物は甘美なる誘惑なのです。
ここで緩めてはなりません。ヤツは安全確保のため一旦離れましたが、まだすぐに射程距離に入れることのできる位置です。

ここで追い打ちだ!
緩めることなく、さらに追い払うのです。
ちょっと離れて様子見してんじゃねーよ!マジ殺すぞ!
と、先ほど以上のオーラをぶつけてください。

これで諦めなければ、何度かやって少なくとも届かない位置まで追いはらいましょう。
近くに来たら、また追い払いましょう。
多分、2、3回やったら諦めてくれるのではないかと思います。あなたという面倒なヤツが守っているこの獲物よりも、もっと簡単な獲物がきっとその辺にいる、と考えるんでしょう。

ヤツらが近くでじっと見ている時はすでに射程距離内なのです。忘れずに。

そんな目でオレらを見てんじゃねえよ!
という気合いが大事です。
アウトドアではビビったら負けなのです。

※あなたたちのいるところに単独のカラスが寄ってきた、という想定です。
※なお、カラスの数がとても多いとか、すでに周りを囲まれている、という場合は諦めて屋内で食事をとりましょう。すでに「狩り場」になっているので、一羽を追い払っているうちに後ろから、という感じで対処は不能と思われますし、人間を舐めきっているので脅しも効果が薄いと思います。



ゴールデンウィーク、おでかけの機会も多くなり、折角だからと屋外で過ごす機会も多いのではないかと思います。参考になればと書いてみました。
とはいえこちら、北海道はまだまだ寒いです。桜がいい感じになりつつありますが、特にここ数日天気悪いし。
早く暖かくならないかなぁ。