読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさに今、Sunny

どんよりしたモノ吐き出せばきっと晴れるさ頭の中

【R.I.P】空飛ぶオランダ人は煙になって天に昇るのか【ヨハン・クライフ】

ヨハン・クライフが死んだ。
オランダの英雄クライフ氏が68歳で死去…3度のバロンドール受賞など数々の功績 | サッカーキング

そう言っても、おそらく僕の奥様は「誰それ?」だろう。

僕はリアルタイムで活躍を見てはいない。
74年の「時計仕掛けのオレンジ」の活躍も、自分が生まれる前の話であり、全ては伝聞と、映像で知っているにすぎない。

だが、紛れもなく僕にとってのスーパースターの1人だ。何かしら追悼の意を表したい。
なので、以下、僕の脳内の妄想において、奥様とするであろう会話を吐き出しておく。
おそらく実際には奥様と、こんな会話をすることはないと思う。あまりにもマニアックすぎるので、半分も聞いてくれないことは確実だ。


クライフが死んだって。

誰かって?
サッカーのスーパースターだったんだよ。
選手としても監督としても凄い実績を残した。でもそれだけじゃなく、華のある人だったんだ。

クライフターンって言う技があってね、彼の得意技だったのさ。なんだか必殺技みたいだよね。ライダーキック!みたいなね。

技術も凄いけど、現代サッカーの元になった、革命的な戦術の、象徴にして中心だったんだよ。それまでは一対一が中心だった中で、トータルフットボールって言ってね、全員攻撃全員守備なんてことをいきなりやったから世界は度肝を抜かれたんだってさ。

引退して監督になっても実績が凄いけれど、いろいろ名言を残していてね。
攻撃大好きで、守り勝つくらいなら攻めて負けたほうがいいとかさ、色々言うわけ。クセが強いのは確かだけどそこが魅力なんだろうね。

選手としても監督としても、オランダ人なんだけどスペインのバルセロナで活躍したんだ。
メッシって名前は聞いたことあるよね?彼のいる世界的メガクラブの英雄なのさ。クライフがいなければ今のバルセロナはなかったかもしれない。

もともとバルセロナのあるカタルーニャ地方は、自分たちは別の国だと思っているような、分離独立志向の強い地方でね。
独立をめぐる住民投票が時々話題になるね。内戦もあったくらいで、ピカソゲルニカが有名だけど、その後は独裁政権になって、対立していた地方の弾圧、同化政策がとられたんだ。

カタルーニャ人は、いわゆるスペイン語である中央のカスティーリャ語と、似てはいるけど異なるカタラン語って言う独自の言語を持っていたけど、それも使用を禁止されていた。だから自分たちの文化に凄くこだわるし、反中央の気風が強いんだ。

そんな中央政府の象徴でもあるレアルマドリードからのオファーを蹴って、そのライバルでありカタルーニャの象徴であるバルセロナに入団して、レアルを打ち破ったんだから、そりゃあバルセロナの人たちは喝采さ。

なんでヨーロッパの人たちがサッカーにあんなに熱狂するのかっていうのは、スポーツとしての楽しみもあるけど、民族主義的なアイデンティティーにも繋がるからなんだろうね。


なんで死んだのかって?
肺癌だったそうだから、それが原因なんだろうね。ヘビースモーカーだったんだってさ。
今じゃ世界的アスリートが喫煙って考えにくいけどね。そもそも体力勝負、フィジカルゴリ押しが大嫌いだったそうだから、プレースタイル的にそれほど問題なかったのかもね。

68歳だってさ。まだ若いのにね。
やっぱ俺、タバコ、やめてよかったわ。