読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

まさに今、Sunny

どんよりしたモノ吐き出せばきっと晴れるさ頭の中

【おうちで】見せてもらおうか、ホームベーカリーの実力とやらを!【焼き立て】

f:id:masaniisan:20160321201447j:image
ホームベーカリー、流行っているみたいですね。結構、身の回りでウチも買ったとかいう話を聞くことがあります。

買えば食べられるのにわざわざ機械まで買って、どうして?と思う方もいらっしゃるかも知れません。

そんな方に。
我が家で導入したホームベーカリーのレビューと、僕の考える良い点を書いてみます。

我が家に来たのはどんなホームベーカリーか

我が家に本日加わった新顔。
Panasonicのこの子です。
f:id:masaniisan:20160321201540j:image

こちら、焼けるのは1斤のタイプです。パナのラインナップの中では、1斤タイプで1番多機能の機種のようです。

2斤までのもありますが、逆にミニマム1.5斤からになるのと、置き場所とサイズの問題もあり、商品展開の種類を見ても、売れ線は1斤タイプかな。

置き場所は結構問題ですね。炊飯器のヨコに置いてみましたが、これより大きい機種は無理かなと。
f:id:masaniisan:20160321211529j:image


あ、サンヨーから事業を取り込んだので、一斉を風靡した「ご飯でパンを焼ける」GOPANもラインナップにはあります。
でも、今回我が家に来たこの子も、炊く前の米だと使えないですが、炊いたご飯を使えば米を使ったパンも焼けますよ。


さて、以下はレビュー。
ゲットして早速、夕食ですが食パンを焼いてみました!

早く焼きたいときどのくらいでできるか
通常だと焼けるまで4,5時間かかりますので、普段使いとしてはやはり、タイマーを寝る前にセットし、翌朝ちょうど良く焼けたパンを朝食に、というのが一般的かと思います。

しかし今回は、買ってきてすぐ食べてみたい!
そんな時に最適な、早焼きモードというのがあります。これはイーストの量を増やすことで、2時間程度で焼きあげてくれます。

とりあえずすぐ食べてみたい!との思いから。
普段、食事の用意は奥様に任せきりのワタクシめがトライ。


コナを入れ、水を入れ。
ポチッとな!
それだけ。

え?
そう、それだけ。
なぜなら、食パンミックスを使ったから。
f:id:masaniisan:20160321210947j:image

こちらは早焼きタイプのものです。
と言っても粉は普通のと違わないんじゃないかなぁ?追加用のイーストが付いているので(右下のやつです)そこが違いなのかなと。
f:id:masaniisan:20160321211001j:image
中身はこんな感じで、バターの代わりに植物油脂とか、食塩、砂糖、脱脂粉乳もあらかじめ加えてあるので、ホントにあとは水だけでOKです。
f:id:masaniisan:20160321211229j:image


焼け具合はどうか

んで。2時間後。
でけたー!!
f:id:masaniisan:20160321201751j:image
おおおお、や、焼けてる!
ちゃんと焼けてる!

f:id:masaniisan:20160321201442j:image
お、美味しそう。

f:id:masaniisan:20160321202314j:image
出したところ。

f:id:masaniisan:20160321202335j:image
立ててみました。

f:id:masaniisan:20160321202349j:image
切ってみました。

f:id:masaniisan:20160321202412j:image
食べてみました。

う、うま〜い!!

耳というか皮のパリパリ感もバッチリ。
奥様は耳が好きなので我が家には最適。
中はふっかりもっちり、食べ応えもあり。

どちらかというと妥協する部分もありそうな早焼きモードにも関わらず、こんなに美味しいなんて。
やっぱり、焼き立てにかなうものなし!

最もイチオシは、パン・ド・ミという焼き方らしいので、その焼き方をしてみたらまたレポートしますね。

ホームベーカリーの良い点

とりあえず、自家製パン作りへのハードルが圧倒的に低くなります。
まずはコレにつきます。
何と言っても、食パンミックスを使う限り、水入れてスイッチポンですから。

慣れてきてから、粉の調合とかも試してみれば良いのかなと。